トレーニングドリルを検索
トップオブスイング
フラットに上げてスライス改善!
レベル
上級
環境
練習場
効果
ダウンスイング以降、スライスの原因になっている過度なアウトサイドイン軌道を和らげ、方向性が向上します。
必要な道具
ドライバー
アドレスして、この様にいつもより大胆にテイクバックをインサイドに上げます。
ここでは、画像左側の様なトップの位置を目指します。いつもより『横に上がっているな』と感じればいい傾向です。対照的に、画像右側の様なトップだと、スライスを誘発しやすくなります。保存する
この様にシャフトがクロスしてはいけません。要注意です。
やや横目なトップからダウンスイングに入ると、いつもより幾分低い位置からダウンスイングに入ると思います。この位置からヘッドが振られれば、スライスの原因となっていた過度なアウトサイドイン軌道は和らぎます。
このドリルは、インサイドにクラブを上げるのが目的ではなく、インサイドに上げる事で、ダウンスイングの軌道によるスライスを改善する為のものです。実際にインサイドに上がらなくても、軌道が改善すれば問題ありませんので、意識としてインサイドに上げるイメージを強く持ちましょう。
ここに注意しよう!
画像内の黄色線枠内は、本来基本となるスクエアなテイクバックですが、ここではインサイドに上げます。その際『大げさに』行う事が大切です。少しの変化では効果が半減しますので、思い切り良く極端にインサイドに上げていきましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
トップの位置が今までと比べて低くなったと感じたら、スイング軌道も変化している可能性がありますので、動画投稿して一度診断してもらいましょう。
診断画面へ