トレーニングドリルを検索
ダウンスイング
力が入る人は目をつぶって打ってみよう
レベル
中級
環境
練習場
効果
実際に目をつぶってボールを打つ事はありませんが、「ボールを打つ」という意識から、「スイングする」事への意識を高めて、スイング中の力みが取れた状態でボールを打つ感覚が養われ、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
必要な道具
ショートアイアン
いつも通り、しっかりと構えたら、そのまま目をつぶります。
そして目をつぶったまま、軽くゆっくりと、決してスピードを上げることの無いように、コンパクトにスイングします。始めはボールを打たなくてもいいので、目をつぶった状態でスイングしてみましょう。ある程度スムーズに振れてきたら、ボールを打ってみましょう。いい当たりを打つ必要はありませんので、とにかくゆったりとスイングしましょう。
慣れてきたら、ドライバーでも練習してみましょう。決して力は要りませんので『力まずにスイング出来ているか』に留意して行いましょう。
ここに注意しよう!
目をつぶってスイングするので、打席周辺に人がいないか、十分に確認し、注意して行なってください。
これができたらプロに診断してもらおう!
ダウンスイングでの頭の突っ込み、上体のブレなどがおさまり、綺麗なフォームに変化してきたと感じたら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。
診断画面へ