トレーニングドリルを検索
ダウンスイング
家でもできる!ボディーターン簡単練習法!
レベル
初級
環境
室内
効果
ボールを打つ練習では、意識するのが難しいボディーターンの習得ができます。スイング中に腰や肩がどの様な動きをするのかを理解でき、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
必要な道具
なし
両腕をクロスさせ、胸の前で組んでアドレスの姿勢を作ります。この時クラブ(アイアン)を肩のラインに当てがって構えると、肩の動きをイメージしやすくなります。
左肩が右足の上にくる様にイメージして肩を動かしましょう。
ダウンスイングに入る際の動作になりますが、ここでは肩はそのままに左腰(目標方向側の腰)から目標方向へややスライドする様な形で動き始めます。
次に腰を回し始めます。この時、目線は白線矢印方向においておくと、上半身のバランスが安定します。動き出す順番として、左腰(目標方向側の腰)が目標方向へスライドする➡︎腰が回転する➡︎肩(上半身)がついてくる、といったイメージです。ゆっくり何度も繰り返しましょう。
クラブを振っている訳ではありませんが、フィニッシュまでしっかり体を回し切りましょう。実際のスイングほどスピードはないので、胸が目標方向を向き、右足(目標方向反対側の足)がしっかり爪先立ちになる事を忘れずに確認しましょう。
基本動作が出来てきたら、練習場などでクラブを持って同じ様に行います。クラブを持った途端、腕の動きやクラブの動きが気になりますが、まずは身体の動かし方だけに集中しましょう。スムーズに動けていると自身で感じるまでは、ひたすら素振りを繰り返す事が上達への近道です。
ここに注意しよう!
アドレス(構え)からバックスイング動作において、画像の様に白い太線矢印方向に左肩が下がり、左腰(目標方向側の腰)が、白い細線矢印方向(目標反対方向)に動くと、正しい動作ができなくなります。この動作は基本中の基本である為、鏡などを見ながら確実におさえましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
『クラブなし』『クラブを持って素振り』『実際にボールを打つ』以上3パターンで練習を繰り返し、同様の動作ができてきたら、スイング動作の中にだいぶ体の回転要素が入ってきていると思いますので、動画投稿して一度診断してもらいましょう。
診断画面へ