トレーニングドリルを検索
フォロースルー
左肘の引けにはこんな練習やってみよう!
レベル
上級
環境
練習場
効果
インパクトでハンドファーストの形が作られるだけでなく、フォロースルーでは左肘が伸び、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
必要な道具
ショートアイアン
通常通り、アドレスして、テイクバックを取り、トップもコンパクトにしましょう。
そしてボールを打ちます。ここでのイメージは、フェース面を目標方向に真っ直ぐ突き出していく様なイメージで、フォロースルーを取って下さい。
正面からの腕の動きです。特に右手首の角度が変わらない点に注目です。画像通りではやや大げさですが、スイングのイメージとしてはこれくらい派手に行えるといいでしょう。
フォロースルー時のフェースの向きのイメージです。画像左のイメージで、実際打てるといいですね。
画像左の正しいイメージと、画像右の適正でないイメージと、ご自身の動きを比較してみて下さい。
ここに注意しよう!
この練習では、左肘が引けないようにフェース面を目標方向に真っ直ぐ突き出していきます。もしもダフリ、トップ、左へ曲がるなどのショットが出た場合、この様にフォロースルーで一度左肘が引けていないかチェックしてみましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
打ち終えた後で、動作を止め、フェースが左へ向いていないか、ボールが左方向へ飛んでいないかをチェックしてみて下さい。打ち出し角度が低く、真っ直ぐ、もしくはやや右方向へ出ている場合、動きが改善されている可能性がありますので、動画投稿して一度診断してもらいましょう。
診断画面へ