スイング(ストローク)全般
両足揃えて軸ブレを防ごう!
#軸
効果
両足を揃えて打つ事で、軸ブレを軽減し、スイングの安定に繋がり、ゴルフスイングの基本が身に付きます。
練習の準備
難易度
プロの指導が必須
スイングへの影響
練習中、一時的に打感が悪くなる可能性がある
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
手順2コマ目で、このドリルのトップオブスイングの大きさを確認し、大振りはせずゆったりスイングしましょう。
練習手順
手順に沿って、まずは素振りで行いましょう。スムーズにスイングできたら、綺麗に打つ必要はありませんので、打球練習を行いましょう。
画像の様に両足をくっつけて構えます。ボールの位置は、中心よりボール1〜2個分ほど左足寄りに置いておくと比較的楽にスイングできます。
上半身は肩をしっかりと回し、右にも左にもブレる事なく、クラブを上げていきます。コンパクトスイングを心掛け、あまり大きく上げ過ぎないように注意しましょう。
ボールを打ちます。ここで一番注意すべき事は、頭の位置を動かさない事です。ベタなドリルではありますが『やはり基本が大切』という事です。
ボールを打つ事に執着せず、腕に力が入らない様にしましょう。ヘッドの重みを感じられるくらいゆったりとスイングしましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
クラブを上げる際(画像左側)と下ろす際(画像右側)にそれぞれバランスを崩して足が動かないように注意しましょう。振り辛さがあると思いますが、まずは身体の中心が左右に動かない事だけを意識しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
スムーズ且つ、バランスを崩さない様にスイングできるまで素振りを行いましょう。