ダウンスイング
《インサイドアウト克服編》キャディーバッグでプッシュスライスとおさらばしよう!
#インサイドアウト
#プッシュスライス
効果
自身のクラブヘッド軌道が把握でき、矯正に繋がり、方向性が向上します。
練習の準備
難易度
プロの指導が必須
スイングへの影響
練習中、稀に打感が悪くなることがある
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
ドライバー、キャディーバッグ
ポイント
手順1コマ目で、キャディーバッグを置く位置を確認し、手順4コマ目にある様に、バッグに当たらない様ゆっくりとスロースイングで確認しましょう。
練習手順
手順に沿ってバッグをセットしたら、まずはスロースイングでバッグに当たらない様ゆっくりスイングしましょう。当たらないことを確認したら、軽く素振りをし、十分にスムーズなスイングが出来たら、軽く打球練習を行いましょう。
まず、この画像の様にスタンスを取った時の両かかとを結んだ線よりも後方側(白線矢印側)のこの辺りにキャディーバッグを置きます。
そして、構えてみてこの様に軽くクラブを上げ画像右下の様に『シャフトと地面が平行になった位置』で、バッグとクラブヘッドの間にクラブヘッド4〜5個分程の十分なスペースを確保できている事を確認します。
このドリルはいきなり何も気にせずスイングを始めないで下さい。非常に危険です。まず、アドレスし、トップまで通常通りクラブを上げます。
そして、『ゆっくりゆっくり』ダウンスイングのポジションを確認します。まだスイングせず、ボールも打ちません。ヘッド軌道の確認を行います。ここでバッグに当たってしまう人はしっかりポジションを確認する事から徹底しましょう。
そしてそのまま、再びトップまでクラブを上げます。
ポジションを確認→トップまで上げる→ポジションを確認…を数回繰り返した後、イメージ出来たら『ゆっくり』スイングしましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
ゆっくり軌道確認中に、バッグに当たってしまう人は、まずは複数回ゆっくり動作を行い、軌道の確認をしましょう。そのままスイングに入ってしまうと、クラブがバッグに当たりとても危険です。
これができたらプロに診断してもらおう!
キャディーバッグが気にならずスムーズにスイングができる様にしましょう。