󰁍
󰃃
󰮓
スイング(ストローク)全般
やっぱり効果的なゴルフの練習ドリルは「素振り」で決まり!
#素振り
#フルショット
󰂺
概要
ゴルフの練習方法は様々ありますが、その中でも広く一般的なものが「素振り」です。ボールがあると力が入るのであれば、力が入らない状況で何度もスイングをして体に動きを覚え込ませるべきです。ティーの空打ちはボールがある事を想定してスイングできるので、特に効果的です。しっかりと素振りを行い、スイングを固めましょう。
󰙴
効果
ボールが無い状態で、インパクトを力強く振り抜く練習をする事で、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
󰥔
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ドライバー、練習場のティー
ポイント
手順4コマ目のフィニッシュの姿勢をしっかり確認しましょう。
󰠣
練習手順
手順に沿って、素振りを繰り返しましょう。打球練習は、行いません。ティーが設置されていればティーをボールに見立てて打ちましょう。
󰁌
1
リラックスした状態で構えます。ゆったりとクラブを上げていきます。
󰁌
2
画像左側の様に、左腕が地面と平行な位置にきたら、バックスイングは完了です。そうする事で、画像右側の様な位置まで惰性でクラブヘッドが上がっていきます。ここでも力感はゼロです。
󰁌
3
ダウンスイングからインパクトにかけてですが、ここが一番力を抜きたいところです。徐々にスイングスピードが早くなり、インパクト後に一番ヘッドスピードが早くなる意識を持ってスイングしましょう。
󰁌
4
インパクト以降、フィニッシュまで一気に振り抜きます。フィニッシュではしっかり体重が左足に完全に移行して、右足はつま先立ちになる様にしましょう。
󰁌
5
素振りを数回繰り返しましょう。一回一回、しっかりとアドレスし直して、仕切り直しましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
画像左側の様に上体が突っ込んだり、画像右側の様にフィニッシュで右足に体重が残らない様に素振りでしっかり確認しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
10回スイングして、10回とも力強くティーを打つ様にしましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!