スイングお悩み大百科
トップオブスイングの理解を深める
ゴルフスイングを学ぶ上で、必ず通るのがトップオブスイングについての悩み。ようやくクラブの上げ方が理解できたは良いけど、今度はどの位置にクラブが収まれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。「正しいトップとは一体何なのか」「自分のトップは間違っていないか、基準が分からない」数々の悩みを解決できる様なトップオブスイングについての基本、良くあるミスの事例集、その解決方法をまとめました。
1. 上体をしっかり捻転させたトップオブスイング
トップオブスイング(以下、トップ)とは、クラブが一番高く振り上げられたポジションの事を言います。トップの大きさや、手のポジションなどは多少個人差がありますが、基本を確認して置くことは大切です。以下はトップにおける、動作やポジションの基本的なポイントとなります。
この記事を読む
2. シャフトクロスしてしまう
ボールと目標方向を結んだ、ターゲットラインに対してトップに上がったクラブシャフトが交差(=クロス)する事を言います。「この現象自体が悪だ」という事ではないのですが、スイングプレーンの観点から見ると「ボールを真っ直ぐ打つ為のスイング軌道にスムーズに乗せる」為には、シャフトクロスしていない方が良いと言えます。もちろんスイングは個性があって良いのですが、再現性を求めた場合には、シャフトクロスしない方が安定感が出やすいという意味です。
この記事を読む
3. オーバースイングになってしまう
トップオブスイングで、クラブを大きく振り上げてしまい、目標方向側にヘッドが垂れ下がった形を言います。よく、飛距離を争うドラコン競技のプロ選手がこの様なトップを作る事があります。その事実から、大きなパワーが溜まる事は確かです。が、この位置から正確なショットを打つとなると、かなりの筋力、体力が必要となる上、技術習得が容易ではありません。再現性が求められるゴルフでは、極力シンプルなスイングに徹した方がいいのは言うまでもありません。もちろんスイングは個性があって良いのですが、再現性を求めた場合には、その方が安定感が出やすいという意味です。オーバースイングは、それ自体に害があるものではなく、そのポジションにクラブがある事で、クラブを振り下ろしていくヘッド軌道が乱れる可能性があり、乱れなかったとしても、ボールを真っ直ぐ飛ばす為に腕や小手先などで調整するなどのいくつかの不確定要素が発生し、それらがショットの再現性を下げてしまう要因となる、ということです。
この記事を読む
4. リバースピボットになる
トップオブスイングで、上体が目標方向へ大きく傾く姿勢の事を言います。これは、誤ったバックスイングの「スウェー」と併発するケースがほとんどです。即ち、このスウェーを防がなければ、トップでのリバースピボットも防げないと言えるでしょう。さらにリバースピボットともなれば、必然的にオーバースイングも誘発されやすく、クラブを振り下ろしていく際に、ヘッド軌道が乱れる可能性があり、乱れなかったとしても、ボールを真っ直ぐ飛ばす為に腕や小手先などで調整するなどのいくつかの不確定要素が発生し、それらがショットの再現性を下げてしまう要因となり得ます。
この記事を読む