スイングお悩み大百科
スイング《悩みあるある》
練習場で練習していると、壁にぶつかる事もしばしば…。ですが皆、内容こそ違えど、何かしらの悩みを抱えながら練習しています。ここでは、良く聞く悩みを紹介していきます。詳細ページで、あなたの悩みの解決の糸口が見つかるかもしれません。
1. オーバースイングになってしまう
トップオブスイングで、クラブを大きく振り上げてしまい、目標方向側にヘッドが垂れ下がった形を言います。よく、飛距離を争うドラコン競技のプロ選手がこの様なトップを作る事があります。その事実から、大きなパワーが溜まる事は確かです。が、この位置から正確なショットを打つとなると、かなりの筋力、体力が必要となる上、技術習得が容易ではありません。再現性が求められるゴルフでは、極力シンプルなスイングに徹した方がいいのは言うまでもありません。もちろんスイングは個性があって良いのですが、再現性を求めた場合には、その方が安定感が出やすいという意味です。オーバースイングは、それ自体に害があるものではなく、そのポジションにクラブがある事で、クラブを振り下ろしていくヘッド軌道が乱れる可能性があり、乱れなかったとしても、ボールを真っ直ぐ飛ばす為に腕や小手先などで調整するなどのいくつかの不確定要素が発生し、それらがショットの再現性を下げてしまう要因となる、ということです。
この記事を読む
2. シャフトクロスしてしまう
ボールと目標方向を結んだ、ターゲットラインに対してトップに上がったクラブシャフトが交差(=クロス)する事を言います。「この現象自体が悪だ」という事ではないのですが、スイングプレーンの観点から見ると「ボールを真っ直ぐ打つ為のスイング軌道にスムーズに乗せる」為には、シャフトクロスしていない方が良いと言えます。もちろんスイングは個性があって良いのですが、再現性を求めた場合には、シャフトクロスしない方が安定感が出やすいという意味です。
この記事を読む
3. スウェーで軸がブレている
スウェーとはクラブを振り上げ始めて、バックスイングからトップオブスイングまでの間に、元々構えていた時の位置から、目標反対方向へ体全体が横にスライドする様な形で動いてしまう事を言います。これは、テイクバックの時点で既に発生している事がほとんどです。ダウンスイング時に目標方向へ体が流れてしまった場合でも同様にスウェーと呼ぶ事がありますが、一般的に広く取り上げられるのは、バックスイング動作時のスウェーです。
この記事を読む
4. スライスする/右方向へのミスが出る
ドライバーでもアイアンでも、ボールが右へ飛んでいくミスの場合、いくつかのパターンが存在します。《右に出てそのまま右へ真っ直ぐ飛んでいく》《右に出て、右に曲がる》《真っ直ぐ出て、右に曲がる》《左に出て右に曲がる》これらを直すには、どのスイングポジションに原因があるかを追求する必要があります。
この記事を読む
5. フックする/左方向へのミスが出る
ドライバーでもアイアンでも、ボールが左へ飛んでいくミスの場合、いくつかのパターンが存在します。《左に出てそのまま左へ真っ直ぐ飛んでいく》《左に出て、左に曲がる》《真っ直ぐ出て、左に曲がる》《右に出て左に曲がる》これらを直すには、どのスイングポジションに原因があるかを追求する必要があります。
この記事を読む
6. アイアンが上手く当たらない/ドライバーとの違いがわからない
「ドライバーは良いのにアイアンが上手く当たらない」そういう言葉をよく耳にする事があります。スイングは同じなのか?違うのか?構え方は同じなのか?よく上がる疑問点ですが、答えは全て同じです。ただクラブの長さや見た目が違う分、感覚的に全く異なる様に感じてしまうのです。ただし、ボールを打つ際に感覚以外でもしっかり理解しておかなければならないポイントがいくつかあります。特に大事なポイントをここで確認しておきましょう。
この記事を読む
7. ショートアイアンが上手く打てない
残り100y前後の距離でグリーンを狙っていきたい場面で活躍するショートアイアン。本来短いクラブでもあるので、操作は優しくなるのですが、ここぞの場面でダフってしまったり、トップやシャンクが出てしまったり、確実にグリーンに乗せたいのに乗せられずに悩んでいる人は、この記事を読んで自分のスイングの弱点を見つけましょう。弱点が分かれば、どんな練習が必要かがはっきりと見えてきます。
この記事を読む
8. ダフリやトップ(ライナー/ゴロ)球が出る
ボールの手前を打ってしまう事を「ダフる」と言い、クラブヘッドの先端やボールの上っ面を叩き、芯を外したショットを「トップ」と言います。前者は当然、手前を打つので、その時点でクラブヘッドの勢いは失われるので、飛距離が大きく失われてしまいます。後者も芯でとらえたショットに比べ、低いライナーやゴロなどで飛んで行き、飛距離が読めずに大きなミスの原因となり得ます。
この記事を読む
9. ドライバーが上手く当たらない/飛ばない
ゴルフの醍醐味の一つ、ボールをより遠くまで飛ばすドライバーショット。誰でも一度は必ず、より遠くまで飛ばしたいと考えて練習をすると思います。そこで、ドライバーショットの「飛ばし」に必要な要素をまとめてみましたので、ご自身のスイングと照らし合わせて、練習にお役立てください。
この記事を読む
10. フェアウェイウッドが苦手
コースで思う様にフェアウェイウッドが打てずに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。フェアウェイウッドが打てる様になると、ロングホールの第2打で2オンを狙っていけるので、パーはもちろん、バーディーを狙うチャンスがめぐってきたり、ティーショットを失敗してしまった時などに、まだまだ距離を打つ必要がある場合に重宝します。
この記事を読む
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます