コースでの悩みあるある特集
スキマ時間に読みたい
コースへ行った際「ドライバーだけ上手く当たらなかった」とか「バンカーから出せなくて散々だった」「3パットの嵐だった」などの反省点に尽きるなんて日があると思います。ここではそんな時のために、事前に防ぐポイントをまとめました。空いた時間に頭の中でイメージしましょう。
1. ドライバーが上手く当たらない/飛ばない
ゴルフの醍醐味の一つ、ボールをより遠くまで飛ばすドライバーショット。誰でも一度は必ず、より遠くまで飛ばしたいと考えて練習をすると思います。そこで、ドライバーショットの「飛ばし」に必要な要素をまとめてみましたので、ご自身のスイングと照らし合わせて、練習にお役立てください。
この記事を読む
2. 3パットが止まらない
スコアに大きな影響を与える要素として欠かせないのがパタースキルです。特に代表的な指標となるのが、ホール毎のパター数です。ゴルフを始めたばかりの人にとっては、ピンとこないかも知れませんが、慣れてくると必ず、「3パット」という言葉を耳にする様になります。熟練ゴルファーからすると、嫌な言葉です。初心者ゴルファーの多くは、最初はパターが難しく感じます。なぜなら、打ちたい方向、場所に正確に打つことができないからです。方向や距離感を、同時に掴む事は難しく、最初は地道な練習が必要になります。ですが、それでもコースへ行かなければならない場合、一人だけたくさんパターを打つのは恥ずかしいですよね。この記事では、そんな「3パット」に悩まされない様に、大切なポイントをおさえておきましょう。
この記事を読む
3. バンカーから脱出できない
ゴルフ場には必ずバンカーが存在します。バンカー内にボールが入ると、クラブを地面に付けてアドレスしてはいけません。これはルールとして決まっていて、違反した場合は2打罰となります。そして、ピンまで数ヤード、数十ヤードと距離が残っている状況、グリーン手前、奥にピンがある様々な状況の中で、共通して言える事はバンカーからボールを出さなければなりません。しかしなかなかボールを出すことができず、バンカーから何打もかかってしまった、という人も多いのではないでしょうか。この記事で、バンカーショットの考え方を確認していきましょう。
この記事を読む
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます