平均スコア :
103
相談者の
トレーニング目的
飛距離を伸ばしたい
ドリル継続して行こうと思います。フルスイングになるとハンドファーストはまだまだ難しいです。
小田切 健彦
取り組んでいるカリキュラム
アプローチでスイングの基本動作をマスター【中・上級編】 - 強化メニュー より安定したインパクトを求めるために
このカリキュラムでのゴール
アーリーリリースの改善
達成目標日
8月2日
コメント
投稿ありがとうございます。ハーフショットではいいけれどフルショットになると手首解けやすいようです。前回の1-1、1-2のドリルと、ハーフウェイダウンから打つドリルを継続しながら、今回は1-4のドリルも追加してやってください。ハーフウェイダウンの時の形=インパクトの形と思ってやってください。
ダウンスイングに課題あり
タメ(トップでできた腕とクラブの角度)が解けています
練習へのフィードバック
1-1.アプローチで基本の確認
自己評価
コーチ評価
1-2.ハンドファーストを意識
自己評価
コーチ評価
次回のカリキュラム
アプローチでスイングの基本動作をマスター【中・上級編】 - 強化メニュー より安定したインパクトを求めるために
このカリキュラムでのゴール
アーリーリリースの改善
次回練習メニュー
1-1、1-2のドリルはとてもよく出来ていますが継続しましょう。1-4のドリルでは5コマ目のフェイスの向きをチェックしてください。右手を使いすぎるとフェイス面の向きが変わってしまいます。
次回のチェックリスト
1-1.アプローチで基本の確認
自己評価
コーチ評価
胸の前の三角形が崩れないインパクトと、距離感を掴みましょう。
ドリルで確認
動画で確認
1-2.ハンドファーストを意識
自己評価
コーチ評価
インパクト直後に静止して、右手首の角度が崩れていない様にしましょう。
ドリルで確認
動画で確認
1-4.フォローまで手首を意識
自己評価
コーチ評価
打ち終えた後、静止してフェースが左へ向いていないか、ボールが左方向へ飛んでいないかをチェックしましょう。
ドリルで確認
動画で確認
練習での目標
ハンドファーストなインパクトの感覚を覚える
練習時の注意
フォローまでフェイスを返さず体の回転で打つようにします。ハーフウェイダウンのポジション=インパクトの形になることを意識してください。