吉田 淳二
PGA ティーチングプロ
4.8
(
12
)
ベストスコア
67
ゴルフ歴
35
自身のスイング解説
アドレスで第一頚椎からかかとまで一直線で構えられており股関節も適度に曲げられおります。テークバックでは、シャフトが寝ないようにコックからややスタートして、手元の使い方はややインサイドに上げており左肩を下げて上半身の捻転をイメージしている動作です。トップでは、手首をクローズに使って重心を逃さないようにしてローテーションを抑えて打つフェードヒッターです。ゴルフスィングの仕組みや原理を物理的に考えて動作をしています。ジュニア時代から培った経験やコツなど目に見えない動作も混ぜて小さな体でもバランス良くキレイなスィングができるように心がけております。
得意分野
スイング解析、FW.AWの打ち方
プロフィール
東京都出身6歳からゴルフを始め、高校ゴルフ部 研修生を経て、2012年PGAティーチングプロA級、取得。PRGRサイエンスフィット所属。GOLF LEZIONE 代表小さい体でいかに遠くへ飛ばすか!イメージ、コツを研究。みなさんに 出来たをご提供致します!!
ユーザーレビューと評価
4.8
(
12
)
すべて見る
doiken
1月20日
アドバイスを気にして振ってみるとトップで脇を開く癖が少し治ってきました!
ゆうまさえ
1月3日
胸!ですね。長年染み付いてしまった手主導直します!ありがとうございます。
マツイ
12月8日
ドリルなどを教えてくれるとさらに良いと思いました
くまちゃん
11月25日
診断下さりありがとうございました。特に股関節は硬いので、深く構えられるように頑張ります。ありがとうございます。
あつ
11月16日
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます